怪奇現象が多発する日本の呪われたトンネル

都市伝説

怪奇現象が多発するトンネルは日本全国にあります。何らかの理由でトンネルの出入り口は封鎖され、現在は廃トンネルとなったものも含めて、呪われたトンネルにまつわる話を紹介します。

福岡県:急犬鳴トンネル

福岡県の山中に存在する旧犬鳴トンネルは昭和50年に新しい犬鳴トンネルが完成したことで廃線となり封鎖されて使用禁止になりました。
旧犬鳴トンネルが使用されていたころ、通過後に自動車がエンストしたり、後方のガラスに無数の手形が付いたり、自動車に乗っていた家族全員が原因不明の高熱にうなされたりと奇怪な噂が絶えないトンネルでした。
現在では不審者や心霊スポット巡りとしてくる人たちが入ってこれないように出入口前には大量のブロック塀が積み上げられていますが、そこにはスプレーで一面に落書きがされており、不気味な光景がまちうけています。
日本最恐の心霊スポットとして知られており、旧犬鳴トンネルを通過すると、そこには「コノ先、大日本帝国憲法通用セズ」と書かれた看板が立てかけられており、その先を歩いて行くと刃物を持った村人に襲撃され、一度足を踏み入れると二度と戻ることができないという都市伝説も存在しています。この都市伝説をもとにホラー映画の「犬鳴村」が製作されました。

北海道:常紋トンネル

旧国鉄湧別(ゆうべつ)線の機関車の通過用に明治45年から建設が開始された常紋トンネルは工事のために日本全国から労働者が集められましたが、満足な食事や十分な休息も与えられず、極寒の北海道で早朝から深夜まで過酷な作業を強いられていました。事故や栄養不足などで常紋トンネルが完成するまでに100人以上の労働者が死亡したと推測されており、亡くなった労働者のために慰霊碑が設置されています。
常紋トンネルの着工直後から労働者の遺体が人柱としてトンネル内に埋め込まれているという噂が付近の住民たちの間でささや垂れるようになったのだが、長年噂の域を出るものではありませんでした。しかし、昭和43年に発生した十勝沖地震によって常紋トンネルの壁面が損傷したことによって、10体の白骨死体が露出したことでその噂が事実であったことが明らかとなった。しかもこの遺体には撲殺遺体もあったといいます。なぜなら過酷な労働環境から逃げ出そうとした労働者は捕まってしまえば全裸でスコップや鞭で拷問を受けるという現代では信じられないようなことが行われていたというのです。
このような背景があるためか、この常紋トンネルを通過する列車の運転士が線路上で頭から血を流した男性を目撃したり、トンネル付近で山菜取りをしていた女性が骸骨の手に足をつかまれるなど、常紋トンネル付近んでは現在でも数々の怪奇現象が頻発している。

京都府:清滝トンネル

もともとは愛宕山鉄道の通過用として建設されたトンネルで、昭和19年に愛宕山鉄道が廃線になったことによって自動車通行用として改装されたトンネルです。鉄道通過用トンネルだったころの名残で、現在でも片側通行となっているのが特徴です。
トンネルの出入り口には信号機が設置されているのですが、自動車やバイクが出入り口に到着した際に、信号が青く点滅していたら例に招かれている状態であるといわれています。実際に青信号が点滅している状態でトンネルに入った人からは、自動車の中に突然念仏のような声が響いたり、前方のガラスに白い服を着た女性が張り付いたという怪現象を体験したという証言が相次いでいます。
また、清滝トンネルには地面に向けられた鏡が設置されています。これは先を見るためのカーブミラーではなく、トンネル内に漂う霊を鎮めるためのものであるという噂もあります。

富山県・石川県:加越トンネル

北陸新幹線を通行させることを目的としたトンネルがこの加越トンネルであり、平成元年から工事が着工したが、2年後には建設が中止されたという経緯があります。
富山県側から300メートルほど掘り進められていたが、現在では入口にコンクリート製のふたが取り付けられており、内部への侵入が不可能となっています。建設が中止になった理由は北陸新幹線のルートが変更になったためと発表されていますが、どうやら別の事情があるという噂が絶えません。
加越トンネル建設当時に現場監督として工事に携わっていた男性の証言によると、工事が開始して1年ほど経過したころ、掘削した先に大きな岩の塊のようなものが発見されました。その岩を掘削してさらに進んでいくと、そこには両生類とも爬虫類とも判別ができないような怪物が大量に繁殖しており、作業員たちに襲い掛かってきたといいます。そのため、トンネルの出入り口は封鎖され、特殊な防護服を着た研究員のみが立ち入りを許可されているという噂もあります。
北陸新幹線のルート変更が決まり加越トンネルの工事が中断されるまでには8.8億円もの費用がかかったといわれています。そこまでの予算をかけて掘り進めたトンネル工事を中止して入口を封鎖するという異例ともいえる事態、何か裏があるといわれてもおかしくないですね。



Pick UP!
面白くてついついやってみたくなる心理テストをご紹介♪
みんなの心理テスト

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気ランキング

  1. 1

    死者を生き返らせる呪術-平安時代の歌人「西行法師」が使った反魂の術

  2. 2

    【日露戦争にまつわる不思議な話】日露戦争には神様や妖怪が参戦していた!?

  3. 3

    【実話・体験談】谷川岳一ノ倉沢にさまよう登山者の魂【山にまつわる不思議な話】

  4. 4

    平成で起きた電車にまつわる不思議な未解決事件

  5. 5

    深夜に突然放送されたドラえもんの謎

新着

  1. 沖縄のヒトゥー島での肝試し中に起きた恐怖体験

  2. 今年何か起こるぞ

  3. ちょっまて、3月1日以降の未来見える?未来無いぞ

  4. 震災や事故に関する心霊話

  5. 今なら話せる昔話

アーカイブ

TOP