幽霊と妖怪の違いはどこにあるのか?

妖怪

似て非なる存在?幽霊と妖怪

幽霊と妖怪は恐ろしく、禍々しいものとして古来より人々に恐れられる存在であるが、『幽霊』と『妖怪』とそれぞれ呼び名が違うように別のものであると考えられる。

『幽霊』と『妖怪』という呼び名はどちらも中国に端を発しているようである。『幽霊』と『妖怪』では『妖怪』の方が先にかかれており、『妖怪』は1世紀始め「漢書 循史伝(じゅんしでん)」で「宮中ニシバシバ妖怪アリ」と記述されている。ここでいう『妖怪』というのは怪奇現象に対する名称として『妖怪』という名が用いられたようであり、宮中に災厄が続いたものと考えられている。

『幽霊』は5世紀頃の「後漢書 橋玄伝(きょうげんでん)」に「幽霊ハ翳(かげ)ニ潜ム」と記述されている。「翳(かげ)」とは目には見えぬ部分を指し、ここでの『幽霊』とは人の死後の霊魂を称している。

『幽霊』とは現世に縛られた霊魂

このように中国で成立された幽霊と妖怪の呼び名・意味は仏教伝来後の日本にも伝わり、奈良・平安時代に日本独自の『幽霊』、『妖怪』が形成された。『幽霊』の代表格といえば「四谷怪談」の「お岩」や「番長皿屋敷」の「お菊」などに見られるように、幽霊は生前の人の姿で現れることが多く、すでに死んでいるものこそが『幽霊』とされる。

幽霊は主に怨み未練などにより、現世に縛られた霊魂のことを示すものであると考えられる。

『妖怪』とは現象から生まれた自然神

『妖怪』はその成り立ちが「現象」であり、「現象」に対して形作られていくその姿を見ると、妖怪には動物、植物、道具に魂が宿った物も多く、生きる存在であるという点も幽霊とは決定的に違う点として挙げられる。同時に見えぬ禍を恐れ、畏敬の念が『妖怪』を生み出しているのかもしれない。

現象から生まれた自然神であり、「物」に魂が宿る姿は「九十九神」でもある。『妖怪』のすべてをひとつに分類するのは困難だが、多様な『妖怪』は神に近い存在なのかもしれない。



Pick UP!
オカルトや都市伝説など、超常現象や不思議なことに関する情報をまとめているサイトです。
超常現象 ミステリーファイル

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気ランキング

  1. 1

    【日露戦争にまつわる不思議な話】日露戦争には神様や妖怪が参戦していた!?

  2. 2

    死者を生き返らせる呪術-平安時代の歌人「西行法師」が使った反魂の術

  3. 3

    【実話・体験談】谷川岳一ノ倉沢にさまよう登山者の魂【山にまつわる不思議な話】

  4. 4

    平成で起きた電車にまつわる不思議な未解決事件

  5. 5

    死の直前に黒い人影が見える話について

新着

  1. 過疎化地域で起きた実話を話していく

  2. 神社とかに詳しい人に教えてほしいことがある

  3. 沖縄のヒトゥー島での肝試し中に起きた恐怖体験

  4. 今年何か起こるぞ

  5. ちょっまて、3月1日以降の未来見える?未来無いぞ

アーカイブ

TOP